[渓流]<祖谷川>17日、増水していたが濁りはなかった。6時から6時間、イクラを餌に18~25センチのアメゴ98匹。流れが強く、水深のある落ち込みで仕掛けをなじませるために5Bのオモリを3~4個付けて探った。

 <勝浦川>16日、水位は30センチ高く濁りがあった。流れが強く釣りづらかったが、17時から1時間、徳島市の人が殿河内周辺で灰色の毛バリを使いテンカラで16~20センチのアメゴ13匹。

 [波止]<沖洲>17日、新町川河口左岸の岸壁で赤アミを餌にサビキ仕掛けで12時から3時間、10~13センチのイワシ30匹余り。周辺でも同型を10~30匹余り。

 <津田沖ノ一文字>17日、餌取りの小サバが多く釣りづらかった。通称ダンサで沖アミを餌にフカセ仕掛けで30~33センチのチヌ3匹。16日は沖アミを餌に探り釣りで18~23センチのガガネ100匹余り。赤灯周辺では30~47センチのチヌ3匹。

 [磯]<小神子>17日、東の風が吹いたが波はなかった。ウノクソで43センチ前後のチヌ2匹。

 <中林>17日、風もなく穏やか。エンバエで小松島市の東川原久幸さんが、東で33~38センチのチヌ3匹。10時に西に替わり35、40センチを2匹と38センチを1匹、23~30センチのマダイ4匹、25センチのイシダイ1匹を追加。

 <兵庫・沼島>16日、南の風が吹いた。徳島市の人ら2人がクジラで30~42センチのチヌ14匹と30センチのウマヅラハゲと25センチの本ハゲを各1匹。

 <高知・甲浦>17日、水温18・5度で少し波があった。エボシで25~35センチのグレ12匹。ビシャゴ西ではアジを餌に0・6、1キロのアオリイカ2匹。地のやぐらで25~34センチのグレ5匹と0・6キロのアオリイカ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>16日、沖アミを餌にカカリ釣りで25・3~43・5センチのチヌ4匹。別の人は沖アミとボケをローテーションし31・9~37・6センチを3匹。

 <宍喰>17日、水温18・3~18・5度。沖のカセは1号で2人がウキ下サオ1本前後で28~35センチのグレ15匹と30~40センチのシマアジ7匹。(県釣連盟報道部)