徳島県が、徳島市文化センター跡地での新ホール整備に合わせて設置を目指すJR牟岐線の新駅について、JR四国の西牧世博(つぐひろ)社長は22日の定例会見で「駅を設置する方向で考えている」と述べ、実現に積極的に取り組む考えを示した。

 JR四国によると、新駅設置には、線路勾配の改良や運行ダイヤの編成が必要で、西牧社長は「今後、条件をクリアできるよう検討していく」とした。設置費用については、新駅が地元の要望した「請願駅」となることから、「基本的に全額、請願する側の負担になる」と述べた。

 新駅は徳島―阿波富田駅間(約1・4キロ)で、線路西側にある徳島市役所来庁者用駐車場付近に整備する方向で協議を進めている。