臨時記者会見を行う仁井谷保健福祉部長(左)と坂東危機管理環境部副部長=24日午後4時ごろ、徳島県庁

 徳島県は24日、新型コロナウイルス感染が23日に確認された40代男性について詳細を発表した。男性は徳島市の会社員で、中等症という。

 県によると、男性は15日に39度の熱があり、16日以降も発熱や全身倦怠(けんたい)感の症状が続いた。19日に医療機関を受診し、風邪薬を処方してもらった。症状が改善しないため22日に再び受診し、23日にPCR検査を受けて陽性と分かった。

 感染経路は調査中。男性は肺炎の症状があり、酸素吸入を受けている。

 勤務先ではリモートワークが中心で、14日に出勤していた。県は打ち合わせをした仕事上の関係者2人にPCR検査を実施する。