勝浦町坂本の「ふれあいの里さかもと」と「坂本八幡神社」を主会場に周辺で今月27日に開幕する「さかもとおひな巡り」の準備作業が進んでいる。

 

 今年は屋内での「つるし雛」や神社境内の石段や社殿を生かした飾り付けを行うなど、例年とは違った趣向を凝らした展示内容になっている。また、「ふれあいの里さかもと」では、開催期間中、散策を楽しむ人向けに遊山箱をイメージした「おひな弁当」や「恐竜カレー」を用意している。

 

 開幕当日に公開される展示もあるなど「新しい形のひな祭りをゆっくり楽しんでほしい」と主催者は話している。