26日の東京株式市場で日経平均株価(225種)の下げ幅が一時800円を超えた。米長期金利の急激な上昇が背景。