バイデン米大統領(ゲッティ=共同)、サウジアラビアのサルマン国王

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は25日、サウジアラビアのサルマン国王と就任後初めての電話会談を行い、人権や法の支配を重視する考えを伝えた。ホワイトハウスが発表した。米政府は、ムハンマド皇太子の関与が指摘される2018年のサウジアラビア人記者カショギ氏殺害事件に関する報告書を近く公表予定で、会談で議題になった可能性もある。

 両国は伝統的に関係が深いが、バイデン氏は表現や報道の自由が制限されているサウジの現状への懸念を直接伝えた形。トランプ前大統領はムハンマド皇太子との関係を重視したが、バイデン政権は皇太子とは距離を置く姿勢が目立っている。