葉っぱビジネスや棚田など独自の取り組みや豊かな景観が魅力の上勝町。町役場のある福原地区にはごみゼロ活動の新たな拠点施設があり、人を呼び込み、情報を発信する。県道から離れた生実地区にはのどかな風景が広がり、思わず山に向かって「ヤッホー」と叫びたくなるだろう。

 

山犬嶽展望岩 360度を見渡せる絶景

 コケの名所として知られる上勝町の山犬嶽(997メートル)。登山口から歩いて5分ほどで二手に分かれた道があり、左に約30分進むと、神秘的なコケの群生が広がる。右に30分ほど歩けば、約20メートルを超える巨大な岩が現れる。岩上部からの眺めが良いため、「展望岩」や「見晴らし岩」と呼ばれている。

山犬嶽展望岩からは雄大な景色が眺める=上勝町生実

 岩には鳥居とほこらがあり、「こんぴらさん」と呼ばれている。弘法大師が訪れたという伝説があり、近くに住む桑原定夫さん(66)は「真言宗の信者が祭ったのではないか」と言う。

 岩の隙間を抜けて頂上へ到着すると、360度を見渡せる絶景が広がる。紅葉シーズンには周囲の山々が赤く染まる。昨年12月には「展望岩」で、やまびこが聞こえる地点を探す「ヤッホー調査」が行われ、確認された。

 調査している上勝自然体験学習研究会の澤田俊明代表(66)は「素晴らしい場所を発見できた。また訪れたい」としつつ、「岩の頂上までの途中には足場が悪い岩を上る所がある。複数人で登るなど注意してほしい」と話した。

 登山口の約2キロ手前に駐車場がある。登山口までは徒歩で約40分。問い合わせは町役場<電0885(46)0111>。