G20財務相・中央銀行総裁によるテレビ電話会議に出席した麻生財務相=26日、財務省(同省提供)

 日米欧の先進国に途上国を加えた20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁は26日、テレビ電話会議を開いた。新型コロナウイルスワクチン接種率の国際的な格差が課題となる中、途上国へのワクチン分配を促す財政支援策などを議論。麻生太郎財務相は会議で「支援のために結束していかないといけない」と強調した。出席後、記者団に明らかにした。

 麻生氏はウイルスの変異株が広がっていることを踏まえ「不確実性に直面しているので警戒が引き続き必要だ」とも指摘した。会議には黒田東彦日銀総裁も出席した。