香港の警察署に出頭し、メディアの取材に応じる戴耀廷元香港大准教授=2月28日(共同)

 【香港共同】香港警察は28日、昨年7月の民主派による立法会(議会)選挙予備選に絡み今年1月上旬に香港国家安全維持法(国安法)違反の疑いで逮捕していた民主派55人のうち47人を同法の「国家政権転覆共謀罪」で起訴したと発表した。

 今回の47人の起訴により、中国の習近平指導部の意向を受けた民主派に対する抑圧は一層強まったと言える。

 香港メディアによると、起訴されたのは、予備選を取り仕切った戴耀廷元香港大准教授や、戴氏に協力した東大博士課程在学中の元立法会議員、区諾軒氏、無許可集会扇動罪などで実刑判決を受け収監中の民主活動家、黄之鋒氏ら。