28日午前9時15分ごろ、徳島市鷹匠町のアパート(鉄筋コンクリート4階建て、22室)の一室から出火。玄関の壁紙の一部など約3平方メートルを焼いた。県警捜査1課と徳島中央署は同日、現住建造物等放火未遂の疑いで徳島市の無職の女(51)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は28日午前9時ごろ、アパート2階の室内に放火したが、駆け付けた署員が消火器で消し止めたとしている。

 署によると、午前9時15分ごろ、女から「アパートの1室に火を付けた」と県警本部に通報があり、その際に住所と氏名を伝えていた。自宅にいた女が犯行をほのめかしたため、任意同行して事情を聴いていた。動機や刑事責任能力の有無を慎重に調べている。

 現場は2階東側の角部屋で、昨年から空室だった。住人17人は屋外に逃げて無事だった。