茨城県警ひたちなか署は28日、ひたちなか市の病院に男性が24日朝に搬送されて死亡し、死因が筋挫滅による外傷性ショックだったと明らかにした。全身に暴行を受けた疑いがあるといい、署は傷害致死容疑を視野に捜査している。

 署によると、男性は千葉県香取市三島の職業不詳、高安秀次さん(39)と判明。24日午前8時55分ごろ、知人の30代女性が運転する車で病院に運ばれたが、心肺停止状態で、間もなく死亡が確認された。両腕には、変色した痕があった。

 病院から「体にあざがある男性が搬送後に亡くなった」と通報があり、署が死因や身元の確認を進めていた。