キャッチボールする広島・大瀬良=沖縄市

 広島の大瀬良大地投手

 広島の大瀬良大地投手が開幕投手を務めることが1日、決まった。沖縄県沖縄市でのキャンプ最終日に佐々岡真司監督が明らかにした。3年連続3度目の大役に、エースは「大変光栄に思うし、とにかくその責任を全うしたい」と意気込んだ。

 大瀬良は昨年、負傷離脱もあって11試合登板で5勝4敗、防御率4・41。秋に右肘を手術し、今季は2軍キャンプスタートだった。2月20日に1軍に合流し、28日の日本ハムとの練習試合で3回無失点と好投した。

 監督は昨年末から考えていたと説明し「昨日の投球を見て確信したというか、任せられると思った」と揺るがぬ信頼を口にした。