追手風部屋でオンラインの記者会見に臨む小結大栄翔=1日、埼玉県草加市(日本相撲協会提供)

 1月の大相撲初場所で初の賜杯を抱き、3場所ぶりに三役復帰した小結大栄翔が1日、埼玉県草加市の追手風部屋からオンラインで記者会見に臨み「自分の突き、押しを貫いて、またいい成績を残せるようにしっかり頑張る」と決意を語った。

 初場所では、鋭い踏み込みから一気に前に出て勝負をつける相撲が光った。それでも「組まれたこともあったので、それをゼロにできるように、さらに稽古したい」と理想を掲げた。

 初優勝により、次期大関候補に躍り出た。「自信が本当についた。突き、押しをもっと極めていけば、もっと上を目指せるんじゃないかと思うようになってきた」と精神的にも成長している。