シングルス1回戦でポイントを奪い、ガッツポーズする錦織圭=ロッテルダム(共同)

 【ジュネーブ共同】男子テニスのABN・AMROワールドは1日、オランダのロッテルダムで行われ、世界ランキング45位の錦織圭(日清食品)はシングルス1回戦で第7シードの世界19位、フェリックス・オジェアリアシム(カナダ)に7―6、6―1で快勝し、今季初白星を挙げた。初戦敗退だった2月の全豪オープン以来となる実戦だった。

 錦織はマクラクラン勉(イカイ)とのペアで2日はダブルス1回戦に臨む。