【ニューヨーク共同】日本の自動車大手4社が2日発表した2021年2月の米新車販売台数は、前年同月と比べ7・7%減の計36万3687台となった。新型コロナウイルスの流行で急減した需要は引き続き回復傾向にあるものの、営業日が前年より2日少なかったことが響き、4社ともマイナスだった。

 ホンダは11・4%減の10万6328台と唯一の2桁減。市場で売れ筋となっている大型のスポーツタイプ多目的車(SUV)などの品ぞろえ不足も指摘される。

 マツダが8・4%減の2万6008台。SUBARUは6・6%減の4万8300台、トヨタ自動車は5・7%減の18万3051台だった。