臨時記者会見を行う仁井谷保健福祉部長(左)と坂東危機管理環境部副部長=3日午後4時半ごろ、徳島県庁

 徳島県は3日、新型コロナウイルス感染が2日に確認された60代男性について詳細を発表した。男性は徳島市の会社員で、軽症という。

 県によると、男性は2月23日からのどに違和感を感じるようになり、26日に38・1度の発熱と嗅覚障害、せきの症状が現れた。その後も発熱などの症状が続き、今月1日に医療機関を受診。PCR検査を受けて陽性が判明した。

 男性は営業職で、2月9~27日、関西方面や香川県へ頻繁に出張していた。県は「多くの人と接触しており、出張先のいずれかで感染したのではないか」としている。

 県は男性の同僚2人と同居家族1人を濃厚接触者と認定し、PCR検査を実施。いずれも陰性だった。