活発に蜜を集めるミツバチ=徳島県上板町の第十堰北岸

 5日は二十四節気の「啓蟄(けいちつ)」。土の中で冬眠していた虫が目覚めて地上にはい出る頃とされる。

 徳島地方気象台によると、4日の徳島県内は気圧の谷の影響で雲が広がったものの、南寄りの風が吹いて最高気温が徳島市で16・5度、美馬市穴吹町で15・8度と、3月下旬~4月上旬並みの暖かさとなった。

 上板町第十新田の吉野川第十堰(ぜき)北岸の菜の花畑では、ミツバチが花から花へと飛び回り、蜜を集めていた。

 5日は低気圧が西日本を通過する影響で夕方にかけて雨が降り、夜には回復する見通し。日中の予想最高気温は徳島市と三好市池田町13度、美波町14度。