新型コロナウイルスの無症状者が参加するモニタリング検査開始に合わせ、公開されたデモンストレーション=5日午前、大阪市

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された地域で感染再拡大の兆候をつかみ、早期の対策につなげるため、街で無症状の人に参加してもらう「モニタリング検査」が5日、大阪市内の3カ所で始まった。兵庫県、京都府も同日に開始。

 事業は国が地元自治体と連携して行う。大阪では通行人に1日計約300個のキットを配布し、唾液を入れて検査会社に郵送してもらう。配布場所は非公開。PCR検査の結果は個人情報を除いて国が収集、参加者には専用アプリで通知する。陽性なら医療機関の受診を求める。