徳島県は5日、新型コロナウイルス感染が4日に確認された60代男女と80代女性について詳細を公表した。3人はいずれも鳴門市在住で、60代女性は高齢者施設の職員、80代女性は同じ施設の入所者。60代男性は会社員で、60代女性の夫という。

 県によると、60代女性は1日からせきなどの症状があった。2日には38度の発熱があり、3日に医療機関を受診しPCR検査を受けた。2月27日と3月1日に勤務し、80代女性らのケアに当たっていた。県は全ての入所者と職員計148人のうち144人にPCR検査を実施し、80代女性の感染が分かった。143人は陰性だった。県は残る職員4人の検査を進める。

 60代男性は2月28日からせきや発熱の症状があった。香川県内の会社に勤め、2月27日と3月2日に出勤していた。