抗議声明を発表する「ウーバーイーツユニオン」の土屋俊明執行委員長=5日午後、東京都内

 料理宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達員らでつくる労働組合「ウーバーイーツユニオン」は5日、配達報酬の一方的な引き下げに対し「あまりにも不当な料金で配達員の生活を破壊している。直ちに中止すべきだ」とする抗議声明を発表した。

 東京都内で記者会見した土屋俊明執行委員長は「最低賃金を大幅に下回っており、会社側に(差額分の)補填を強く要求する」と語った。

 ウーバーイーツジャパン(東京)は3月から、福岡県と京都府で新たな報酬体系を導入した。配達基本料の水準が下がり、関係者によると、報酬総額は平均で約3割下落しているという。