プロ野球阪神で名三塁手として鳴らし、700試合連続フルイニング出場を果たした三宅秀史(みやけ・ひでし)さんが3日、心不全のため三重県内の病院で死去した。86歳。阪神球団が5日に発表した。