佐那河内村役場

 徳島県佐那河内村役場に勤務する40代の男性課長補佐が、鳥獣保護法などで捕獲が禁止されている野鳥4羽を殺処分していたことが分かった。男性は野鳥をはく製にして自宅で保管していた。村は8日付で職員を訓告処分にした。

 村によると、男性は狩猟免許を持ち、有害鳥獣を捕獲するわなが付いたおり(縦4・5メートル、横5・3メートル、高さ4メートル)を使い、村の業務の一環でカラスなどの捕獲・殺処分を担当している。2017年8月と18年3月、19年11月、20年1月の計4回、カラスと共にわなに入ったタカ、フクロウ、ノスリなど野鳥計4羽を一緒に殺処分した。

 男性は「何十羽ものカラスがおりの中を飛び回る中、誤って殺してしまった」と話しているという。

 情報提供を受けた県警が捜査するなどし、昨年12月に男性から村に事実関係の申告があった。男性は鳥獣保護法違反容疑などで略式起訴され、裁判所から略式命令を受けて3月5日に罰金を納付した。岩城福治村長は「職員の法令順守が叫ばれている中だけに残念。研修を改めて行うなど再発防止に努めたい」と述べた。