バイデン米大統領(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は8日の国際女性デーに合わせ、女性に対する差別の根絶と男女の機会均等促進を目的とする新組織のホワイトハウス内への設置と、教育現場から性暴力を根絶するための政策見直しを指示する2件の大統領令に署名した。政府が発表した。内政と外交の両面でジェンダー平等の実現を援護していく構えだ。

 新組織は、セクハラを含む性差別や偏見をなくすための取り組みのほか、男女の賃金格差の是正や女性の昇進の妨げを減らす政策を立案する。

 もう一つの大統領令は教育省に対し、教育現場から性暴力をなくすために既存の規則や指針を見直すことを指示。