ちょこんとつけられた軒つきの入口がユニーク。

一番人気のかけうどん(小280円)。4玉入りの特特大(580円)を完食した人もいるとか。

うどん工房 びけん

 無骨な店構えがマニアの心をくすぐる。目立った看板はなく、むき出しになった鉄骨に屋根がつけられた建物の奥で「うどん」の暖簾が揺れる。もとは建設会社「福島美建」の資材置き場だったと聞いて納得。「木材の加工もしよったけん、いろいろ資材を置いとったんよ」と同社創業者の福島孝美さん(70・三好市出身)。

 うどん店にしたのは2008年のこと。それまで、趣味でうどんを打っては友人たちに振る舞っていた福島さん。評判の腕前で、周囲からの「店を出して」の声に背中を押された。「最初はうどんの玉を売るだけでええかと思って厨房だけこしらえて、ほれ以外はブルーシートで囲っただけ。ほしたら皆に、食べれるようにせなアカンって言われて、壁作って店にしたんよ。こんなんちょちょいのちょい、お手のもんじゃ。プロやもん」と人懐っこい笑みをこぼす。注文カウンター側の壁に板を張った温かみある内装、手書きのお品書きも味わいがある。

 現在、福島さんから味を引き継ぎ店主を務めるのは金丸宏さん(59・東みよし町出身)。福島さんの娘・智子さんの夫だ。うどんは太麺でコシが強いのが特徴。「長時間熟成させてコシを出すんです。麺は角をしっかり立たせて出汁がよく絡むようにしてます」と宏さん。いりこをベースに鰹節や昆布で取る出汁は先代のレシピ通り。エッジの効いた麺に素材が生きた濃いめの出汁がよく合う。

【メニュー】
・釜玉うどん(380円)
・ぶっかけうどん(380円)
・ざるうどん(330円)

住所=徳島県東みよし町加茂1499-10
営業時間=10:00~14:00
定休日=日曜、月曜休

駐車場:あり
完全個室:なし
多機能トイレ:なし
座敷席:なし
Wi-Fi:なし
開店:2008年