前半2分、先制ゴールを決める徳島の垣田=鳴門ポカリスエットスタジアム

 サッカーJ1の徳島ヴォルティスは13日、鳴門ポカリスエットスタジアムで福岡と対戦し、1-2で逆転負けした。2連敗で通算成績は2分け2敗(勝ち点2)となった。

 昇格同期の福岡を相手に負けられない一戦は、前半2分にFW垣田裕暉の右足シュートで先制し、幸先の良いスタートを切った。サイドへのプレスの甘い福岡を相手に丁寧にビルドアップし、前線の宮代大聖、渡井理己、北島町出身の藤原志龍がスペースで受けたり、ドリブルで進入したりしてチャンスをつくった。

 しかし強風の風下に回った後半は一転、プレスの強度を強めた相手に押し込まれる時間が増え、8分にカウンターから失点すると、23分にはDFのハンドでPKを与えて勝ち越された。5枚の交代カードを使い切って巻き返しを図ったが、詰めを欠いて追い付くこともできなかった。