白木恒二郎

 剣道の第68回全日本選手権は14日、長野市ホワイトリングで行われ、前回大会2位の松崎賢士郎4段(筑波大)が初の日本一に輝いた。学生の優勝は2014年の第62回大会を制した竹ノ内佑也(筑波大)以来。徳島県代表の白木恒二郎(名西支部、川島高教)は2度目の出場で自身最高の8強入りを果たした。同時開催された第59回全日本女子選手権は諸岡温子3段(中大)が初出場優勝を飾った。

 決勝で松崎は村上雷多5段(大体大教)からメンとコテを奪って2本勝ちした。諸岡は山崎里奈4段(明大)を延長の末にメンで下した。

 白木は1回戦から3回戦まで全てメンを奪って一本勝ちし、準々決勝では優勝した松崎に延長の末、コテを決められ敗退した。女子選手権に出場した坪井香歩(阿南支部、環太平洋大)は1回戦で延長までもつれ込んだが、メンを決められ敗れた。

 新型コロナウイルスの影響で両大会ともに強豪の警察官勢は出場しなかった。

 川島高教・白木恒二郎(8強入りし)「初戦で大学時代の先輩に勝てたことが大きかった。準々決勝は流れを変えようと不用意に仕掛けたところを打たれたが、内容的には納得のいく試合ができ、自信がついた。来年は4強を目指したい」