那賀川の河川敷でギターを弾くwakaさん=那賀町内(地域再生塾丹生谷応援団提供)

那賀町役場前でミュージックビデオの撮影をするwakaさんら=那賀町内(地域再生塾丹生谷応援団提供)

 徳島県那賀町出身のシンガー・ソングライター「waka」(本名・庄野若葉)さん(19)=東京都=が、町のイメージソング「ふるさと」をつくった。住民団体が、自然の豊かさ、人の温かさといった町の魅力を発信するとともに新型コロナウイルス禍に沈む地域を元気づけようと曲作りを依頼した。

 3分46秒。作詞・作曲・編曲をwakaさんが手掛けた。「そびえたつ山に澄んだ空気 街行く人々は笑顔がすてきだ」などの歌詞で、ゆったりとした曲調と柔らかなメロディーに乗せて豊かな自然や人の温かさを表現した。

 昨年12月に町内でミュージックビデオを撮影。wakaさんの地元である相生地区や出身小中高校などでギターを演奏しながら町民と一緒に歌っている。

 町の住民団体「那賀人(なこうど)」と「地域再生塾丹生谷応援団」が企画した。動画投稿サイト・ユーチューブのチャンネル「ゆずばあチャレンジ」で公開している。

 wakaさんは「音楽で古里に恩返しができてうれしい。東京にはない町の魅力を多くの人に伝えられれば」。丹生谷応援団は「みんなにこの歌を口ずさんでほしい」としている。