来庁者(右)の相談に答える窓口担当者=徳島市役所

 徳島市は15日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関する来庁者向けの相談窓口を1階の国際親善コーナーに開設した。

 市の委託を受けた民間会社のスタッフ2人が対応し、初日は12件の相談があった。「主治医にワクチンを打ってもらいたい」「接種券が届かなかったらどうすればよいか」といった質問が寄せられ、「主治医が接種可能な医療機関に登録されていれば可能」「接種券の配布後に電話で相談してほしい」などと答えた。医学知識が必要な質問には、厚生労働省や県のコールセンターを案内した。

 市の大西範雄理事は「接種スケジュールなど具体的なことが決まれば窓口などを通じて随時お伝えしたい」と話した。

 相談窓口は市役所の開庁時間(平日午前8時半~午後5時)に合わせて開設されている。