徳島県出身のシンガー・ソングライター米津玄師さんが作詞・作曲・プロデュースを手掛けた子ども5人組ユニットFoorinの「パプリカ」が3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の入場行進曲に起用されるのに合わせ、この日の始発時から阪神電鉄・甲子園駅の列車接近メロディーに使われることが決まった。

 

 甲子園駅の列車接近メロディーに高校野球大会関連曲が起用されるのは今回で6回目。列車接近時に「パプリカ」のサビ部分が約10秒間流れる。期間は大会が終了する3月31日の終電までの予定となっている。

 

 「パプリカ」は昨年の第92回大会の入場行進曲に決まっていたが、新型コロナウイルス禍で大会が中止になった。第93回大会では「高校野球が帰ってくる」という意味を込めて再度、行進曲に起用。復活と同時に「大会が新たなスタートを切る」という思いを込めて、前回大会のアレンジをそのまま使うのではなく、第93回大会バージョンに編曲し直して使われる。

■阪神電鉄・甲子園駅 列車接近メロディーの変更について
 楽曲変更対象駅:阪神電鉄・甲子園駅
 変更開始日:2021年3月19日(金)始発~大会終了日3月31日(水)の終電(予定)
 駅メロディー楽曲名:Foorin 「パプリカ」(作詞・作曲 米津玄師)

■Foorin (フーリン)
 「パプリカ」を歌う5人組ユニット。メンバーは、メインボーカルの、もえの、ひゅうが、コーラス&ダンスの、たける、りりこ、ちせ。ユニット名は、この曲を歌い踊る5人の姿を、米津玄師さんが「風鈴」に例えて命名した。YouTubeでの再生数はFoorin「ダンスミュージックバージョン」が2.1億回を超え、米津さんのセルフカバーバージョンが1.2億回を突破。「パプリカ」のNHK関連動画は累計4億再生を突破している。2019年に「日本レコード大賞」を受賞、NHK「紅白歌合戦」には2年連続で出場を果たしている。

■米津玄師 (よねづけんし)
 1991年生まれ。インターネット発の音楽家。イラストレーター。2009年より「ハチ」名義でボーカロイド楽曲をニコニコ動画に投稿しはじめ、12年、本名の米津玄師として活動開始。楽曲のみならずアルバムジャケットのイラストやMV制作も手がけ、マルチな才能を有するクリエイターとして注目を集めている。18年、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として「Lemon」を書き下ろし、2年連続で各主要チャートを席巻。日本レコード協会、史上最速の300万DL認定。ミュージックビデオは日本最多の再生数を突破するなど、音楽史に残る記録を残している。Foorin「パプリカ」や、菅田将暉「まちがいさがし」、嵐「カイト」など楽曲提供も行う。自身の楽曲としては、ドラマ「ノーサイドゲーム」主題歌「馬と鹿」、ドラマ「MIU404」主題歌「感電」など数々の名曲を生み、5thアルバム「STRAY SHEEP」を発売。「パプリカ」セルフカバーも収録された本作は200万セールスを突破するなど、数々の音楽史に残る記録を日々更新中である。

■NHK「パプリカ」HP
URL:https://sports.nhk.or.jp/dream/song/

■Foorin 「パプリカ」  ダンスミュージックビデオ
YouTube URL:https://www.youtube.com/watch?v=T0valuAksuo

 

■米津玄師 MV 「パプリカ」
YouTube URL:https://www.youtube.com/watch?v=s582L3gujnw