徳島市中心部で居酒屋「銀乃介」「とりじろう」などを運営するセキモトコーポレーションは、豊富な種類の肉料理とクラフトビールなどを楽しめるカフェ「Queen of Meat’s」(クイーン・オブ・ミーツ)を19日、北島町のフジグラン北島別棟1階にオープンする。

 

 クイーン・オブ・ミーツは、ハンバーグやステーキといった肉料理を手頃な価格で提供するほか、旬のフルーツを使ったパンケーキなどのスイーツ、クラフトビールをはじめとする多彩な酒類を取り揃えている。

角切りステーキ 130グラム800円

  角切りステーキ(130グラム800円)は、アメリカ産牛のミスジを使っており、非常にやわらかくジューシー。国産のクラフトビールは焙煎した麦芽を使った上質な味わいのアフターダークや、ラズベリーが香るさわやかな飲み口のジャズベリーなどを取りそろえており、個性的な品を食事に合わせて楽しめる。

US産牛フィレステーキ150グラム1900円

 店舗面積は約250平方メートルで座席数は約70席、営業時間は午前9時から午後11時。休みはフジグラン北島に準じる。今後はテークアウトも始める予定だ。

 

 関本一翔店長は出店の理由について「コロナの影響で多くの人が外で食事をする頻度が減っている中、利用シーンを選ばずにさまざまなメニューを楽しめる自由度の高い店のニーズが高まっており、レストラン、カフェ、居酒屋としても利用できる店を立ち寄りやすいショッピングセンター内に出店した」と語った。