花柄の紙箱に詰め合わせた和菓子のセット=徳島市大道2の幸永千寿堂

 和菓子製造販売の幸永千寿堂(徳島市)は、和菓子の詰め合わせ「春の宴(うたげ)」を発売した。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、少人数での花見に利用してもらうほか、自宅でも花見気分を味わえるように企画した。

 商品は▽三色団子「花見だんご」▽「さくら餅」▽桜の花の塩漬けを載せたまんじゅう「桜(はな)の季(とき)」▽蜜漬けのクリを使ったういろう「栗むしういろ」―を三つずつセットにした。花柄の張り紙を施した2段の紙箱に入れ、桜柄の風呂敷で包んでいる。

 税別2200円。詰め合わせる商品は変更可能。担当者は「少しでも浮き浮きした気分を味わってほしい」と話している。問い合わせは幸永千寿堂<電088(622)2229>。