徳島労働基準監督署は17日、徳島県阿南市の四宮塗装と男性代表取締役(44)、男性現場責任者(42)を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検した。

 昨年11月9日、小松島市内の造船所で、高所作業車のバケットに乗って1人で作業していた男性従業員が高さ2・7メートルから落下して頭部を骨折した事故で、資格のない男性従業員に高所作業車を運転させた疑い。墜落防止器具を着けさせていなかった疑いもある。