21日の県内は前線や湿った空気の影響で昼前にかけて大気の状態が非常に不安定となり、落雷や突風のほか、急な強い雨が降る恐れがある。県南部を中心に昼すぎにかけて雨が降る見込みで、徳島地方気象台が注意を呼び掛けている。

 気象台によると、21日にかけて前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東に進み、低気圧から延びる寒冷前線が四国を通過する。

 21日午後6時までの24時間降水量はいずれも多い所で北部80ミリ、南部150ミリと予想されている。気象台は、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合、建物内に移動するなど安全を確保するよう求めている。