サッカーJ1の徳島ヴォルティスは21日午後2時から、鳴門ポカリスエットスタジアムで横浜FCと対戦する。開幕から5試合を終えて2分け3敗(勝ち点2)と未勝利の徳島。今季3度目のホーム戦となる今節こそ、自陣でのミスを少なくし、相手ゴール前での精度を上げて初白星をつかみ取りたい。

【徳島ヴォルティスの情報一覧】

 2試合引き分けが続いた後、3連敗中の徳島は現在17位。最多失点を2にとどめながらも最多得点は1止まりで、選手たちは「2点目が必要」と追加点の必要性を口にする。

 5連敗中の横浜FCは20チーム中最下位とはいえ、個々の能力は高い。徳島と同様に後方からボールをつなぐ相手に対し、まずは前からのプレスでボールを奪い、敵陣でプレーする時間を増やしたい。

 阿波市出身のMF小西雄大は「どれだけいいサッカーをしていても、結果が出ないと見ている人もうれしくないだろう。県出身選手として、もっと貪欲に結果を求めていきたい」と勝利への貢献を誓った。