「BLUE CYCLE LABO」の文字はすべて手作り !

カッコいい自転車がズラリ。試乗できるものもある。

 徳島市の万代中央ふ頭に自転車店がニューオープン。国産のTyrellやドイツ発のbirdy製品を中心に、折り畳み自転車やe-bikeなどを取り扱っている。「お客さんと一緒に自転車のある生活を考えていきたいんです」とオーナーの眞鍋祐樹さん(34・吉野川市出身)。曾祖父が大正14年に創業した吉野川市の「眞鍋自転車店」も経営している。「BLUE CYCLE LABO」では“通勤に使いたい”“健康づくりのために”といった様々な用途に合わせてタイプや仕様、カスタムパーツを幅広く提案する。そしてそれぞれのライフスタイルにピッタリの1台を見つけるためにサポートをする。

 眞鍋さんオススメのTyrell FSXシリーズ(30万円〜)は、簡単に折り畳めるにも関わらず、本格的なライディングができる高性能な自転車。スピード感のある乗り心地で、山道や、海沿いなどのロケーションをサイクリングするのに最適だ。

 「今後は自転車文化の普及に力を入れていきたい」と眞鍋さん。Tyrell工場の見学や眞鍋自転車店周辺でのサイクリングなど、少人数のイベントを構想中だ。「もともと自転車が好きだった人も初めての人も、これがきっかけとなって輪が広がっていけばいいですね」。イベント情報はSNSで発信する予定だ。2月からスタートしたYouTubeも必見。自転車の折り畳み対決や細かすぎる仕様の説明など、ユニークな動画が随時更新されている。

住所=徳島市万代町5-71-4
営業時間=11:00~18:00
定休日=月曜、火曜休

駐車場:あり
キッズスペース:なし
多機能トイレ:なし
開店:2020年11月21日
Wi-Fi:あり