条や條、坪の付く地名は全国至る所にあり、徳島県内にも数多く存在します。例を挙げると、阿波市吉野町の西条、阿南市長生町の柳ケ坪などです。大坪は徳島市八万町と上助任町のほか、阿南市見能林町、牟岐町、那賀町など各地に見られます。

 これらは条里制に由来する地名です。条里制とは8世紀ごろの土地区画制度で、長さの単位である「町」を基にして土地を6町間隔で縦横に区切り、横(東西)の列を「条」、縦(南北)の列を「里」と呼びました。1町が約109メートルなので、6町は約654メートルになります。

 6町四方の正方形の一区画も里と呼ばれ、これをさらに碁盤の目のように1町ごとに区切った正方形を「坪」と称しました。つまり、1里は36坪となります。

 条里制は班田収受と関係があると考えられています。権力者が農民に耕作地を貸し与え、収穫物を税として徴収する班田収受を行うためには、耕作地の面積を正確に把握する必要がありました。従って、条里制は班田収受を推進する役割を果たしたといえそうです。

 条や條、坪の付く地名が東北地方から九州まで広がっていることは、8世紀ごろには日本に強大な中央権力が存在したことを物語っています。

 条や條、坪には数字や位置を表す言葉が付くことが多いのも特徴です。阿南市下大野町の三条、美馬市美馬町の八ノ坪、小松島市立江町の中ノ坪などの例があります。地名は、地元の人々に長く呼び習わされてきた地形を起源とするものが多く見られます。しかし条や條、坪は権力者が付けた「整理番号」のような意味合いを持っていそうです。

 旧板野郡で条や條の付く地名を見てみましょう。阿波市吉野町の二条、五条、上板町の七條、上六條、下六條などが挙げられます。

 条里の位置関係は必ずしも厳密ではなく、西から東へ二条、五条、七條、上六條、下六條となっています。条里制の命名順序に従うと、七條は上六條、下六條より東に位置するはずですが、実際には西にあります。理由は長い歳月の間に地形の変化や集落の移転などによって少しずつずれが生じていったからでしょう。

 とはいえ、古代の条里制にまつわる呼び名が千数百年の時を超え、現在も生き続けていることに私はロマンを感じています。