[磯]<中林>21日、出船時は穏やかだったが14時前から南の風が強くなり、ほどなく納竿した。エンバエ西で35センチのチヌ1匹と23~25センチのマダイ4匹。西の胴でも40センチのキビレ1匹と23~30センチのマダイ6匹。東で小松島市の人が30~43センチのチヌ4匹と35、40センチのキビレ2匹、25~30センチのマダイ15匹。25センチ以下は多数釣れたが全て再放流。

 <大島>21日、下り潮が流れ水温17・2度。大坂東で底物を狙った人が60センチのイシダイ1匹。

 <高知・甲浦>21日、東の風が強く波があった。水温17・7度。棚バエで33センチのグレ1匹。テッポウで32センチの尾長グレ1匹。トビワタリで30センチのグレ3匹。

 <愛媛・日振島>20日、北西の風が強くうねりもあった。ハリメーカーの四国選抜グレ釣り大会が行われ、四国4県から予選を勝ち抜いた37人が参加。渡船2隻で13時半までに釣った8匹までの重量を競い、3組に分けた上位3人が来年同所で開催予定の全国大会へ駒を進めた。横島1番で30センチオーバーを7匹(3760グラム)を釣った阿波爆釣会の花本稔彦さんが1位。同所で同型を7匹(3490グラム)の第一曙潮会・岡田正行さんが2位。ニシバエで28センチ前後を8匹(2850グラム)のモナリザ釣親睦会・谷上芳之さんが3位。全体に釣果は悪く、数人が8匹揃えたものの、2~6匹が主体で釣果のなかった人もいた。型も20~27センチが主体で大崎の地で上がった40センチが目を引いた。対象外ではイサギや大型のメバルなどが数匹上がっていた。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、ヤカタで沖アミを餌にフカセ釣りで2人が38~52センチのマダイ4匹。別のヤカタでも47センチを1匹。45センチを1匹。35、36センチのチヌ2匹。51センチを1匹。ヨウセイエビを餌に25センチ前後のマダイ10匹。

 [波止]<和田島大手海岸T字ブロック>20日、午前中消波ブロックを探り歩いた阿南市の女性がキビナゴと沖アミを餌に20~25センチのガガネ20匹と30センチのキジハタ1匹。

 <香川・荘内半島>20日、7時半から7時間半ほどサオを出した阿南市の2人が25~45センチのチヌ25匹。風がきつく釣りづらい上、餌取りも多く餌がなくなり納竿した。(県釣連盟報道部)