本番さながらの迫力で繰り広げられた選抜阿波踊り大会前夜祭のリハーサル=アスティとくしま

 徳島市の阿波踊りの開幕前日の11日に開かれる「選抜阿波踊り大会前夜祭」(市観光協会、徳島新聞社主催)の最終リハーサルが8日夜、同市のアスティとくしまであり、有名連33連の約700人が本番さながらの豪華な乱舞を繰り広げた。

 阿波おどり振興協会16連による第1部と、県阿波踊り協会17連による第2部、両協会合同のフィナーレを本番と同じプログラムで行った。演出担当者は、舞台構成や照明なども入念に確認した。

 阿波おどり振興協会は「きらめきの夏!『踊り魂まっしぐら』」をテーマに、大太鼓100人の迫力ある演奏に合わせた豪快な男踊りで幕開け。吉野川をイメージした一糸乱れぬ群舞も、見どころの一つだ。

 県阿波踊り協会のテーマは「静と動の色香」。華やかな女法被が舞い、子どもたちも元気いっぱいの演舞を披露する。勇壮なちょうちん踊りや「徳島の四季」をイメージした乱舞など、多彩な演出で魅了する。

 選抜阿波踊り大会前夜祭は11日午前11時と午後3時、同7時の3回、アスティとくしまで開かれる。