旧日本軍の陸軍駐屯地が置かれていた徳島市蔵本地区。跡地は徳島大学病院や県蔵本公園に姿を変え、多くの人々が集う。国道192号を挟んだ蔵本駅周辺は、歴史を感じさせる建物が残る中、新たなにぎわい拠点も生まれている。落ち着いた雰囲気を醸し出す街並みを歩いた。

Town Cafe 林 定番オムライス人気

 蔵本駅から国道192号までの間にはいくつもの喫茶店が軒を連ねる。「喫茶店文化」が根付いた街として知られ、バブル経済期には一帯で20軒を超える店が営まれた。先駆けとなったのが、東京五輪が開かれた1964年に開業した「Town Cafe 林」だ。

「時間をかけることを楽しんでほしい」と話すマスターの林さん=徳島市蔵本町2

 現在のマスターは2代目の林幸雄さん(66)。開業した父の正さんから約40年前に店を引き継ぎ、時代に応じてメニューを改良してきた。「ごく普通の喫茶店。ただ、積み重ねてきた歴史が今につながっている」と話す。

 「良質なものづくりには、適した時間と手間がある」が信条。コーヒーは、今もアルコールランプのサイホンを使ってたてている。時間がかかる分、ガスにはないコクと香りが表現できると言う。提供する食事も食材にこだわる。定番のオムライスは火の入れ具合を好みに応じて注文でき、老若男女を問わず愛されている。

 「喫茶店の本質は父の代から変わらない。これからも自分なりのスタイルで、できる限り続けたい」と林さん。朝7時の開店から常連が続々と訪れ、昼時には大学生や病院帰りの人が立ち寄る。蔵本の歴史とマスターのこだわりが香り立つコーヒーを片手に、ゆったりとした時間を楽しんでいる。