新簗大橋の開通を祝う関係者ら=那賀町簗ノ上

 徳島県那賀町の那賀川に架かる「新簗(しんやな)大橋」の開通式が27日、同町簗ノ上の橋のたもとで行われた。

 式典には飯泉嘉門知事や坂口博文町長、地元住民ら約50人が参加。地元の人形浄瑠璃座・丹生谷清流座による人形浄瑠璃のセレモニーやテープカットがあり、渡り初めで開通を祝った。

 橋は簗ノ上、延野両地区を結び、全長252メートル。幅員8・7メートルで、片側1車線の車道と幅2メートルの歩道が設けられている。事業費は約24億円。開通に伴い簗ノ上地区からJAアグリあなん相生支店までが片道5・4キロから1・8キロに短縮され、車での所要時間は8分から3分になる。

 簗ノ上地区でユズや米を栽培している女性(69)は「JAや学校へ行くのが便利になりうれしい」と話している。