トークライブで質問に答える元阪神監督の金本知憲さん

 27日に行われた徳島インディゴソックスの開幕戦イベントとして、むつみスタジアムでトークライブがあり、プロ野球・広島と阪神で活躍した金本知憲さんがユーモアを交えた語り口で野球ファンを引きつけた。

 進行役を務めたお笑い芸人の中山女子短期大学さんから独立リーグの印象を聞かれた金本さんは「レベルが高くて、良い素材が埋もれている」と評価した。昨季まで阪神でプレーし、徳島に再加入した福永春吾投手を監督として指導したことも紹介。打者と評価していたことを明かし、「スイングは良かったが、足が遅かった。強肩、強打、俊足の三拍子がそろっていれば1年目から使っていた」と笑いを誘った。

 始球式で打席に立った金本氏は、現役時代を思い起こさせるフルスイングで客席を沸かせた。