バトッキオ

 サッカーJ1徳島ヴォルティスは29日、今季完全移籍で加入した元イタリアU―21(21歳以下)代表のMFクリスティアン・バトッキオ(29)が日本に入国したと発表した。新型コロナウイルス感染防止のために定められている追加防疫措置としてJリーグが福島県のJヴィレッジで一括管理する14日間の待機期間を経てチームに合流する。

 フランスリーグ1部ブレストから加入したバトッキオはアルゼンチン出身のイタリア人で169センチ、64キロ。中盤ならボランチやインサイドハーフなど幅広いポジションをこなし、巧みなパス出しや強烈なミドルシュートを持ち味とする。背番号は38。

 Jリーグでは新型コロナウイルスの影響で来日できていなかった外国人選手の入国後の隔離措置としてJヴィレッジを使用し、完全非公開で外部との接触を絶つ「バブル状態」とする。14日間でPCR検査を4回、抗原検査を毎日受け、3日目のPCR検査で陰性の場合は個人練習が可能となり、14日目も陰性ならチームに合流できる。

 フランスから無事に到着したバトッキオは「今すぐに徳島サポーターの皆さんにお会いすることはできないですが、皆さんと一日でも早く一緒に戦うことができる日を楽しみにしています」とクラブを通じてコメントした。

 徳島ヴォルティスではこのほか、スペイン人のダニエル・ポヤトス監督とマルセルコーチ、ブラジル人DFカカも近く入国できる見通し。監督、コーチはクラブの管理で隔離される。