黄砂の影響でうっすらかすんで見える徳島市内=29日午後4時45分ごろ、眉山山頂

 徳島県内で29日、黄砂が観測された。徳島市中心部からは、眉山や末広大橋などがうっすらかすんで見えた。黄砂の飛来は30日ごろまで続く見通し。

 徳島地方気象台によると、29日午後に徳島市で黄砂の飛来を確認。見通しが利く距離「視程」が普段の2分の1以下の15キロまで低下した。30日にかけて10キロ未満となる見込みで、気象台は洗濯物の汚れや交通への影響に注意を呼び掛けている。