大野さんの書をデザインしたラベルになった「剣の誉」

大野詩歩さん

 JA美馬(徳島県美馬市)が販売している、管内の茶葉を100%使ったペットボトル飲料の緑茶「剣の誉(ほまれ)」の新ロゴ商品が4月1日、発売される。同市脇町の脇町中学校3年大野詩歩さん(15)が揮毫(きごう)した新ラベルで約5万本を販売する。

 JA美馬は大阪市の印刷会社とデザインを検討し、躍動感のある書と商品の雰囲気を生かす配置にまとめた。大野さんの名前もラベルに記載している。

 大野さんは「気恥ずかしい感じがするが、想像以上にかっこよくなっていたのでうれしい。いい思い出になる」と話した。

 JA美馬は昨年、商品名の書作品を市内15小中学校から募り、大野さんの作品を選んでいた。「毎年募集し、商品をPRしていきたい」としている。

 500ミリリットル1本140円、24本入り1箱2700円(いずれも税込み)。県内JAの産直市で販売されるほか、美馬市、つるぎ町の道の駅でも販売される。