黄砂でかすんだ大鳴門橋=30日午後4時ごろ、鳴門市鳴門町土佐泊浦

 大陸からの西風の影響で、30日の県内は前日に続いて黄砂が観測された。鳴門海峡に架かる大鳴門橋は砂ぼこりでかすみ、淡路島がほとんど見えなくなった。飛来のピークは過ぎており、31日には弱まる見通し。

 徳島地方気象台によると、徳島市の見通しが利く距離「視程」は午前9時に10キロだったが、午後5時に6・5キロまで下がった。