増矢理花

市瀬菜々

 日本サッカー協会は23日、6月のニュージーランド遠征に臨む「なでしこジャパン(日本女子代表)」のメンバー23人を発表した。4月のアジアカップ優勝メンバーで、松茂町出身のFW増矢理花(INAC神戸レオネッサ)と、徳島市出身のDF市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)の徳島県出身2選手が入った。

 アジアカップのメンバーが中心となるなか、19歳のMF長野風花(仁川現代製鉄レッドレンジェルズ)が初招集された。

 遠征は、6月4~11日で、10日にニュージーランド代表と対戦する。