社長夫妻が和菓子を、息子である代表の髙鶴友亀さん(42・阿南市福井町出身)と妻の髙鶴梓さん夫婦が洋菓子を作っている。ケーキ部分は友亀さん、上のデコレーションは梓さんが担当。ショーケース内のカットケーキもイチゴやクリームにチョコペンで顔を描くなど可愛らしい工夫を施している。

【注文時の注意】1週間前までに店頭または電話にて予約が必要。

側面にまでアイシングクッキーが!
生クリームのアイシングクッキーのせケーキ(写真は6号4860円)

 

中は3枚のスポンジの間にそれぞれ生クリームと鷲敷の近田農園が作ったイチゴ「わじき さちのか」のスライスをはさんだ2層仕立て。トッピングのアイシングクッキーは、もともと絵を描くのが好きだったという梓さんが独学で習得し、単品での販売(378円〜)もしている。このケーキは卒業祝いに贈られたもので、瞳やリボンの柄まで丁寧にチョコペンで描いたニコニコ顔のハート型アイシングクッキーをはじめ、クマや王冠、星、ハートなどポップなイメージのデコレーションだ。側面も全体的にアイシングクッキーをつけ、どこから見ても楽しめる。

迫力ある一本釣りを表現
イラスト&アイシングクッキーのせケーキ(写真は5号5400円)

 

釣り好きの人へ贈るということで、ホワイトチョコで釣り人のシルエットと大きな魚を描いた。波もチョコレートで表現し、臨場感のあるデザインに。「yeah!!」と書かれたアイシングクッキーから楽しさが伝わってくる。ホワイトチョコに描くイラストは1体につきプラス832円。

サクサク生地にとろける生チョコ
生チョコタルトのアイシングクッキーのせ(写真は5号3456円)

 

ココアのタルト生地になめらかで口溶けの良い生チョコレートを流し込み、上にはイチゴを載せている。全体を覆うようにクマやハートのアイシングクッキー、メッセージクッキーなどをたっぷり盛り盛りに飾りつけ。

住所=阿南市福井町大西91-15
0884-34-2012
営業時間=10:00〜18:30
定休日=月曜、第3日曜休

駐車場:あり
キッズスペース:なし
多機能トイレ:なし
開店:1934年
Wi-Fi:なし