吉田めぐみさん

 徳島県美馬市は4月1日から、総務省の「地域活性化起業人交流プログラム」を活用し、ANAホールディングス傘下のシンクタンク「ANA総合研究所」(東京都)から社員1人の派遣を受け入れる。「美と健康」をキーワードに高齢者の社会参画を促進するまちづくりプロジェクトを、市職員と共に進める。

 派遣されるのはANAの客室乗務員吉田めぐみさん(51)。美波町出身で、日和佐高校(現海部高校)を経て神戸市外国語大を卒業、ANAに入社。客室乗務員としてシカゴやホノルルなどの国際線を中心にフライト業務に就いていた。

 1日からANA総研「元気な日本」創生事業部研究員としてANAから出向し、美馬市では秘書人事課で地域活性化プランナーとして施策を提案する。単年契約で、最長3年まで延長できる。

 具体的な取り組みとしては、一般財団法人・日本総合研究所や徳島大学人と地域共創センターと連携し、高齢者の社会参画につながる環境整備講座やまちづくりワークショップを開く。県内の美容専門学校などと連携し、高齢者施設の入所者を対象にしたヘアケアの美容体験なども行う。