満開を迎えた前山公園の桜=1日午前10時半ごろ、石井町石井

 徳島地方気象台は1日、徳島市大和町2の敷地内にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が満開になったと発表した。平年と昨年(4月5日)より4日早い。西日本にある気象庁の観測地点では最も遅い発表となった。

 午前9時ごろ、標本木の花が8割以上咲き、満開の基準を満たしているのを職員が確認した。開花は平年より3日、昨年より2日早い3月25日だった。

 石井町の前山公園でも桜は満開となり、家族連れらが写真を撮ったり散歩したりして花見を楽しんでいた。長女(1)と訪れた近くの主婦(28)は「すごくきれいで子どもも喜んでいる」と話した。