徳島県阿波市のJA阿波町、JA阿波郡東部、JA市場町が合併し、阿波市農業協同組合(JAあわ市)が1日、発足した。県内のJA合併は、2015年にJA大津とJA松茂がJA大津松茂となって以来。県内のJAは15から13になった。

 JAあわ市は、組合長にJA阿波町の組合長を務めた前田安夫氏、副組合長にJA阿波郡東部の組合長だった藤原潤治氏、専務にJA市場町の組合長だった石川安沖氏が就いた。本店を旧JA阿波町に置き、旧JA阿波郡東部と旧JA市場町に支店を設けた。

 本店で役職員20人が出席して発足式を行った。前田組合長は「組合員の負託に応えるため、阿波市の農業振興に注力するとともに、持続可能な経営基盤を持つ農協を目指していこう」と訓示した。

 13JA中、正組合員数(旧3JAの合算)と販売高は各6位、貯金額は7位。主力品目はブロッコリーやナス、レタス、ミニトマト、酒造好適米(阿波山田錦)など。